1104回 4月16日 CN45周年記念大会

 

大会委員長 L小島晃挨拶

45周年式典に多くのご来賓をお迎え出来ることをクラブ員一同感謝申し上げます。  ライオンズクラブが100年前設立された頃は食べることに恵まれない人にどういう奉仕ができるかという時代でした。今、豊かになった日本で何を奉仕できるか、ただお金を出すだけの奉仕の時代ではありません。考え、学習し、汗を流す奉仕の時代ではないでしょうか?西ライオンズでは、45年続く「豊橋市小中学生話し方大会」、中古の車いすを豊橋工業高校の生徒と共に修理し、新車と併せてのべ1,200台を東南アジアへ贈ってきました。この事業は今年度で11年になりました。そして周年事業は、くすのき学園と野依小学校の生徒さんとさつま芋を作り収穫するということを家族会員を含め全員で活動できたことが今年度の成果です。
各種の事業を行うにあたり多くの皆様にご協力いただいたことに感謝いたします。そして今後もご指導ご鞭撻お願い申し上げたく挨拶にかえさせて頂きます。